愛知県名古屋市「ウィルケア」の遺品整理士が書くコラムです。

ウィルケア 遺品整理専門サービス

クレジット決済OK

tel:0120-53-4990

無料相談はこちら

最新の遺品整理コラムColumn

遺品整理で失敗しないために~準備方法・料金相場・業者選び~

遺品整理で失敗しないために~準備方法・料金相場・業者選び~

遺品整理とは、亡くなった方のお部屋に遺された持ち物を、今後も持ち続けるものと処分し手放すものとに分類する作業を意味します。葬儀や法事、遺産相続と並び、親や家族の死後に行うべき大切な行いのひとつです。
このコラムでは、遺品整理が初めてで進め方や方法、いい業者の選び方、費用の目安が分からないというご遺族の方を対象に、遺品整理の基本をお伝えします。

【①遺品整理の事前準備】

遺品整理のベストなタイミングは?

遺品整理には、死後何日中に行なわなければいけない、またはこの季節が遺品整理シーズンだ、といった期限・実施時期に関する規則や慣例、法律上の決まりはありません。遺族の方が望むタイミングが遺品整理のタイミングです。

引っ越しやお部屋の退去・明け渡しのためすぐに片付けが必要だ、遺産相続の準備・手続き、あるいは形見分けのために遺品整理が必要だ、など急がないといけない事情があるのなら仕方ないですが、大切な方を亡くした悲しみの中ではすぐに整理という気持ちにならないのも普通です。とはいえ、整理をしてあげることで、故人を安心させてあげたいと思うのであれば、あまり期間をおかずに実施したいところです。

昔から、身内に不幸があった場合、区切りの法要を行い供養してゆくことで、ご遺族も徐々に悲しみを乗り越えていけるものと考えられてきました。四十九日は、故人が来世に旅立つ日という仏教の教えから、ご遺族が改めてお別れを告げる大きな区切りの日とされています。その日を迎えるまでは、亡くなった方の思い出をそっとしておき、四十九日をひとつの区切りと考えてもよいでしょう。

まだ亡くなる前であれば、生前整理をおすすめします。

事前に遺族自身で決めておくべき”遺品の判断基準”

遺品整理をよりスムーズに進めるために、そしてあとになって取り返しのつかない後悔を防ぐためにも、実際に作業を始める前に自分たちでしておくべきことがあります。

それは、故人が使用されていた数々の物の中から、どのようなものを「遺品」として残すか、と言う点を明確にしておくことです。一般には価値はないけど自分の手元に残しておきたい思い出の品々、思い出はあるけどリサイクルに回したいもの、廃棄処分してほしいもの。ご遺族が自力で整理される場合にも、業者に依頼する場合にも言えることです。それぞれのご家族・ご親族によって故人さまへの想いは様々で、何を残したいかという判断もまたそれぞれ異なるためです。

どのようなものを遺品として残すかの基準を明確にしていない場合でも、弊社はしっかり確認取らせていただきながら進めていきますが、その場で一個一個ご判断をお願いするとなると多くのお時間と労力をいただいてしまうこととなります。また、弊社以外の業者(特に遺品整理の知識や経験が豊富ではない非専門の業者、個人でやっている業者。不用品回収や買取、解体業者に多い)に依頼をした場合、業者の判断のもと「処分品」となってしまう恐れもあります。印鑑や通帳、貴金属など一目で貴重品とわかるものは業者も判別はできますが、思い出の品までは判別が不可能といえます。そのような品に関しては、必ずリストアップしておくことが大切です。

【②遺品整理の業者を使うか自分でやるか】

業者利用を考える際によくある心配ごと

プロにお願いしたいのはやまやまだけど、費用を考えると簡単には頼めない。ぼったくられることもあると聞いている。個人情報や家族の思い出を見られるのは心配だし恥ずかしい。そんな理由から自分でやりたいと考えるご遺族の方も多いです。私たちは様々なご家庭を見てきておりますが、時間がかかってでもご自身でされた方がいいケースもございます。

まずは、業者を利用するメリット・デメリットをしっかり考えたうえでお申込みされることをおすすめします。もし悩んでしまうようであれば、まずは相談かお見積りだけでもしてみるのがよいでしょう。

業者に依頼した場合の作業内容とメリット

お金をいただいて遺品整理サービスを行っている業者は、ご遺族に代わって故人さまの遺品の整理や住まいの片付け、お部屋の掃除から、不用品や粗大ゴミの処分、リサイクル品の買取まで行います。単なる引越しの作業や廃品回収とは異なるため、ご遺族の意向を尊重しながら、思い出の整理をお手伝いしております。その使命のもとに行う整理作業とそれに付随する片付け作業全般が遺品整理サービスです。

弊社には経験豊富なスタッフが多数在籍しているため、すべてのご対応が可能です。

貴重品や思い出の品、形見となるべき品、供養するべき品、そして処分する品の選別をしながら進め、故人さまが大切に使用されたことでまだ使用が可能な家電製品などは、買い取りによってリサイクルしたり、供養するべき品は責任をもって適正な方法で処理します。遺品整理の作業が済むと、お部屋の中や水回りの清掃を行い、スッキリときれいな状態に仕上げます。また、ご希望に応じ、遠方にお住まいのご遺族への形見分けとしてご遺品の配送サービスを行うことも可能です。 

遺品整理を業者に頼んだほうがいいケース

以下のようなケースには、遺品整理サービスが大きなサポートとなるでしょう。

◆退去期限が近い賃貸住宅

故人さまがおひとりで暮らしていた場合には、お亡くなりになったことで賃貸契約の解除が行われ、退去日に期限が設けられることがほとんどです。この場合、できるだけスピーディーに作業を進めなくてはいけません。プロの業者は時間的に差し迫った現場も多く経験しており、貸主さん・隣人・近隣の住民さんにご迷惑をかけずにスピーディーに仕事をします。

◆遠方に住んでいて物理的に難しい

遠方にお住まいの方がお亡くなりになったときも業者の利用がおすすめです。遺族自身も家庭や仕事を持っているので、何度も足を運ぶことができないし、長期にわたる滞在は難しいのは当然です。限られた日数内での効率的な作業のためには業者は活用できるでしょう。ご遺族の方が来られない場合でも、賃貸住宅などでは大家さん立会いのもと作業を行わせていただくことも可能です。

◆物が多すぎてどうしたらいいか分からない

遺品の量が膨大な場合、また物であふれた状態になってしまった場合には、ご遺族だけでの整理にはどうしても限界があります。大きくて重たい家具や家電製品も整理の邪魔になりますが、ご自分でどうにかするのも難しいです。途方に暮れて疲れてしまう前にご相談なさってください。

◆関係が疎遠だが身内なのでやらざるを得ない

身内ではあるものの、さまざまな事情から今まで疎遠になっていたため、整理を任されるのは負担が大きいというケースもよくあることです。とくにご高齢で亡くなられた方の場合、決して珍しい事例ではありません。このように、とにかく早く手間をかけずに終わらせたいという目的のときには、業者も大きな選択肢となると思います。

◆身内ではないが仕方なく整理が必要

高齢化社会となり、孤独死された方、一人暮らしで身寄りのいないご老人が亡くなった場合、お部屋の管理会社や家主、ご近所の方、行政や福祉施設のご担当者、士業関係の方が代理人となり遺品整理をされることもよくあります。また、身内の方もご高齢なため、身内に代わり整理を任されたというケースもあります。この場合も業者を使ったほうがいいでしょう。

◆ショックが大きく現実を受け入れられない

突然の訃報だった場合などは、なかなか現実を受け止めることができず、気力を失ってしまうご遺族も多いものです。ご自分だけで無理をすると心身の大きな負担となってしまいます。私たちへお任せください。

◆初めてなので方法や手続きの仕方を知らない

遺品整理は人生で何度も経験するものではなく、初めてという方がほとんどです。それでも自分でやるとなると、いちからやり方や損をしないためのコツを調べて、大量の大型ゴミの処分のために自治体を手配して、売れそうなものをひとつひとつ買取業者に査定してもらって売却して、掃除や原状回復も自分でとなると途方も無いです。

◆高齢で体が弱い、または病気中である

遺品整理は神経だけでなく体力も使う作業です。大きな負担となりますので、病気や高齢の方の場合には無理をせず別の方にお願いをしましょう。身内でも頼みにくい場合には、業者に手伝ってもらった方が楽です。また、そのような方が遺品整理をやることになった場合には、遺品整理や処分の業者を利用することをおすすめしたほうがよいこともあるでしょう。

【③遺品整理の業者選び】

遺品整理サービスの料金の相場は?

遺品整理サービスの利用料金は、お部屋の規模や作業量によっておおよその目安を設定している業者がほとんどです。その目安となる料金には、必要な品と不要な品との仕分け、不要品の処理、リサイクル品の仕分け、荷物の梱包や搬出作業、作業後の基本清掃などが含まれていることが多く、そのほか、業者によっては遺品の地方発送なども含まれる場合があります。

基本のサービス内容にプラスして何かをお願いする場合にはオプション料金がかかりますので、事前に確認をしておいた方がいいです。

参考として、名古屋で遺品整理を行っている弊社で人気のあるメニューのお値段の例です。

  • 1K    30,000円~ スタッフ1~2名
  • 2DK   120,000円~ スタッフ3~4名
  • 3LDK 210,000円~ スタッフ5名~

ウィルケアの価格表およびオプション料金

概ねこのくらいが相場となっていますが、処分量によってはプラス料金となることもあり、料金の詳細を出すにはお見積りが必要となります。

業者によってはお見積りの際に他社より格安となるよう安い価格を提示し、実際にはオプション料金が別途必要で、作業後の金額がお見積り額を大きく超えるということもあるそうです。業者選びの際には、しっかりサービス内容を聞き、激安価格にご注意ください。

弊社では、実際にかかる料金をお見積りの際にしっかりご提示させていただいております。また、買い取りや再利用できる品が多ければ、そのぶんお値引きされ料金が安くなるケースもあり、他社よりもかなりお得に感じてもらえるかと思います。

遺品整理業界と業者についての基本知識

「遺品整理」というサービスは、昔から日本にあったわけではありません。2002年頃に整理屋第一号と呼べる会社が現れてから、ここ十数年の間に需要の高まりとともに成長を遂げてきた業界です。高齢化が進んだこと、核家族化が進んだことで、家族が分散し、おひとりで暮らす高齢者が急増しました。遺品整理に時間をかけることができない、また、遠方で足を運べないなどの背景から必然的に需要が高まり、特に2010年頃より遺品整理サービスを提供する業者が増えています。同年、高畑淳子さん主演の「遺品整理人 谷崎藍子」というテレビドラマが放送され話題になったのも象徴的ですね。

このように成長産業ですので、遺品整理業を専門としている業者のほかにも、異業種を本業としている業者が遺品整理サービスを始めるようになりました。引っ越し業者やハウスクリーニング業者、リサイクル関連業者、不要品回収業者、便利屋さんなど、元々もっている経験や知識を生かすことができるジャンルの業者が多いのが特徴です。また、中には、死後に必要となる手続きや相続などに詳しい行政書士事務所さんがサービスの一環として行っているケースもみられます。その時も、基本的には弊社のような遺品整理業者と提携してサービス提供していることがほとんどです。

残念ながら悪徳企業と言われてしまうような仕事をしてしまう業者が存在するのも事実です。どの業種なら大丈夫、専門業者じゃないとダメというのはないですが、遺品整理についてのしっかりした知識を持っているか、サービスや料金体系は明確に提示されているか、スタッフの対応は丁寧で親切か、こういったところに注意して信頼できるパートナーを見つけましょう。

優良企業と遺品整理士という資格について

遺品整理サービスに参入する業者が増えたことで残念ながら苦情も増えました。違法行為や悪徳サービスを制し、業界全体を健全化するために、2011年に「遺品整理士認定協会」が発足しました。

「遺品整理士」は、遺品整理士認定協会が設けている認定資格です。一定の養成講座を受講し、遺品整理に関する専門的な知識を習得した受講者に与えられます。また、詳しい情報をもたない一般の人々が、遺品整理業者を選ぶときのひとつの目安となるよう、適正な業務を遂行している業者は「優良企業」として紹介されます。ウィルケアにも遺品整理士が在籍しており、優良企業として認定されています。

業者を選ぶ際に気をつけるべきポイントは?

遺品整理=物の処分というイメージをもってしまいがちですが、お世話になった故人が残された愛用品、思い出の品を整理することは、本来その方を供養したいという気持ちのもとにおこなわれる行為です。ですから、遺品整理は「不要品の処分」とはまったく違う意味ととらえなくてはいけません。遺品整理の業者に整理を依頼する場合にも、その点は大切にしてほしいと願うのがご遺族の心情でしょう。

遺品整理業は実にさまざまなジャンルの業者が参入しており、残念ながら「処分」に近い機械的な作業で進めてゆく業者があるのも事実です。たとえ業務であっても、遺品のひとつひとつを丁寧に扱う心を大切にしている業者を見極めることが大切と言えます。機械的な作業によって、家族の思い出の品や貴重品までもが埋もれたままになってしまっては、ご遺族にとって遺品整理を依頼した意味が無くなってしまうばかりか、悲しいことでしかありません。

業者を選ぶ際には、口コミや評判、過去の事例の内容、サービスや価格は良心的かはもちろんですが、実際にお電話やメールで相談をしてみて心情を思いやり真摯に対応してくれるかどうか、というポイントも重視するといいんじゃないかなと思います。弊社もこの点はとても大事にしています。

 

・ウィルケアの遺品整理サービスのご案内ページ

お見積り・ご相談