愛知県名古屋市の遺品整理・生前整理ならウィルケアは、形見分け・買取り・ハウスクリーニングもご対応します。

ウィルケア 遺品整理専門サービス

クレジット決済OK

tel:0120-53-4990

無料相談はこちら

サービス案内Service

大切な品々をご親族やご友人へお届けします!

合同供養・形見分けの

遺品を全国に配送可能

四十九日を過ぎたら「形見分け」を

「形見分け」とは、故人が生前に愛用していたものや思い出のものなどの一部を、とくに親交のあった友人や親族に分けて贈ることを言います。何を形見分けするかについては特に決まりはなく時計や装飾品、書物などさまざまなものが贈られます。形見の品物を通して故人を忘れることなく、その思い出を偲びながら大切に扱うことは故人の供養にもなります。

形見分けは葬儀の後に行なうものですが、一口に葬儀の後といってもその時期は

それぞれの宗教ごとに異なります。ご家族の信仰されている宗教にあわせて形見分けをするようにしましょう。

受け取る相手がその遺品を通して故人さまを思い出すものを、そして相手の好みに合った、喜んでくれるものを贈らなくてはなりません。贈られた形見は捨てるわけにはいきませんから、注意が必要です。
将棋や囲碁、釣り道具、ゴルフセットなどの趣味の道具は、同じ趣味を持っている人に贈らないと逆に迷惑になってしまうこともあるので気をつけてください。同様に故人さまが作った陶芸品や絵画なども趣味の合わない人だと重荷になってしまうので、勝手に先方に押し付けず了解を得てから贈るようにするのが礼儀です。

高価なものを贈るとそれは相続財産と扱われ、贈与税がかかる場合があります。また、受け取る人によって、形見分けのものの価値が大きく異なると、思わぬところで不満が出てトラブルとなることがあります。先方が望まない限りは贈らないほうが無難でしょう。

また絵画や骨董品など金額が分からない場合は、弊社の鑑定士に鑑定を依頼してください。

形見分けは目上の者から目下の者へ贈るのが基本です。目上の人へは、希望があった時だけ贈ります。
また身内のなかでは、子のものを親が、弟妹のものを兄姉が分けてもかまいませんが、親族でも故人より目上の人には控えます。しかし、故人さまとの関係が深かった場合は形見分けをすることが多いようです。

形見分けの品は、箱に入れたり、贈り物のように包装したりせずに、半紙など白い紙で包み、水引きはかけずに「遺品」「偲び草」などと表書きして、直接手渡します。渡す相手が遠方の場合は手渡しは難しいで、宅配便で送っても大丈夫です。また送るときは、最低限の包装をしますが、別便でその品物と故人の関係などエピソードを書いた手紙を添えて送るようにしてください。

贈る品は慎重に吟味し、ひどく傷んだものや汚れたりしているものは、先方から強い希望がないかぎり、贈るのを避けましょう。衣類ならクリーニングに出しておき、小物類などは、ほこりや汚れなどをきれいに取り除いておきましょう。また着物など保管や実用性に困る物は、裁断して巾着などの小物入れにリメイクして渡すと、貰い手も使いやすく受け取りやすいでしょう。

形見分けを行う前に、「処分するもの」「相続として残しておくもの」「形見分けで渡すもの」をきちんと相談をして決める必要があります。

合同供養とは

ウィルケアの「合同供養」サービスは、ご遺族さまからお預かりした故人さまのご遺品を、提携しているお寺にお渡しし、永大供養から管理まですべて正しい方法で行っていただくサービスです。他の故人さまと同じお墓や納骨室に安置されるので、自前で供養や管理をするよりも費用を抑えることができます。
遠方に住んでいてお墓参りが難しいご遺族の方、ご遺族さまの委託で遺品整理を代行された方などにおすすめのサービスです。ウィルケアでは月に一度の頻度で合同供養を行っております。

  • 1点〜一軒家丸ごと回収
  • 遺品買取
  • 合同供養・形見分け
  • 生前整理・福祉整理
  • エンディングノート作成
  • ハウスクリーニング

お見積り・ご相談